Imaginary Portraits

AYUMI


 

最初に会った時、話をしている時に、私がずーっと見てたのは、彼のまつ毛でした / 手を持たれて止められて。「おねぇさんおねぇさん」とか言ってて  /  その人はキャッチだったんですよ  /  でもそれではおかしいんです、私に対するインタビューだったんで全然売り込み的な事なくて。だから、「何この人、何この会話」みたいな。で向かいのビルがその会社らしいんですけど、「僕は今監視されてるんだ、ちゃんと仕事をしてるかあそこから見られてる」とか言って  /  私も気になるじゃないですか、その人が何者なのかってゆうのは  /  ずーっと顔とかじろじろ見てたんですけど、でももう「まつ毛がとにかく長いわ」とか思って  /  輪郭は、卵型かなぁ  /  髭はありました。芝生位の長さで、輪郭をなぞるようにある感じです  /  ちょっとたれ目気味で、目は大きいです、二重で  /  口はちょっと厚め。なんか猿っぽい /  前髪をそろえるんですよ。すごく短く。ぱっつん位に。でも、この辺(頭頂部)だけ立ってる。ものすごい量のワックスをつけるんですよ。それで髪をぎっとぎとにして、最後に前髪だけ櫛でこうそろえるの。髪はすごい短いです  /  顎は…どっちかと言ったら割れてるのかなぁ。髭はもみあげから輪郭に沿ってこうあって、(口の下に)つながってたかも  /  眉毛が上がって、陽気な感じってゆうか、ぱっとしてる。整えてて、でも太いんですよ  /  口の山が小さめで、中心によってた  /  本当に行方が知りたいんですよね。写真とかも一枚もなくて、本当に何の痕跡もないんですよ。今確かめようがないんですよ。名前しか分かんないって感じ。