Reunion

同窓会

協力:ハン・ソンイ(韓国人)、アストロノウタ(ブラジル人フュージョンバンド)、ラ・カンブル国立視覚芸術学校(活版印刷)

 

|あらすじ|

村上華子は幼少期をベルギー・ブリュッセルで過ごした。帰国後、村上はブリュッセルでの小学校の同級生と文通をつづけた。それから15年後、村上は同窓会を企画する。

 

|方法|

同窓会の招待状をつくり、発送する。招待状は活版で印刷し、封筒には15年前に文通していた時に受け取った手紙をレーザースキャンでコピーして差出人住所を宛先に、宛先を差出人住所にして発送した。待ち合わせ場所に指定したカフェには、村上と同じ背格好の韓国人の女性に代理で行ってもらい、タクシーで村上の自宅まで送ってもらった。自宅にはブラジル人のバンドを招待し、15年前に送られた手紙の文章を歌ってもらった。次の同窓会での再会を約し、その日付をチョコレートで書いたケーキを食べて解散した。